卒乳 疲れきった乳腺 復活

卒乳後に疲れきった乳腺を復活させる方法って?

 

卒乳後は多くの産後ママがしぼんだおっぱいに愕然しているかと思いますが、授乳期に赤ちゃんに乳首を吸われ続けたことによって衰退した乳腺は元の大きさから比べるとかなり小さくなっています。

 

卒乳後に疲れ切った乳腺を復活させるには、産後にバストから失われた栄養分を取り返す必要があります。
授乳前と卒乳後の違いは、しぼんで小さくなった胸などの見た目要素だけではなく、目に見えない部分では女性ホルモンの減少が挙げられます。

 

女性ホルモンは美肌や胸に張りを出す効果や弾力を維持する効果もあり、女性ホルモンが失われると、一気に見た目が老けてしまう傾向にあります。

 

まさに「女性」という名の付くホルモンであり、女性にはなくてはならないものなのです。
また女性ホルモンが減少することで、産後鬱のような症状も引き起こす可能性があります。女性ホルモンはあくまでホルモンなので、通常あるべきはずの量から減少してしまうと、ホルモンバランスが崩れるため、若年性更年期障害や生理不順などを招いてしまう危険性もあります。

 

胸がシワシワになったりしぼんで小さくなってしまうことも一種の老化現象の一種です。
卒乳後に疲れ切った乳腺を復活させるためにも、産後に失われた女性ホルモンは補わなければ産後の胸を元に戻すことはできません。

 

産後ママの中には数ヵ月で産前のようなスタイルを取り戻してしまう人もいますが、こういった人はもちろん年齢もありますが、元々持っている女性ホルモンの量が違います。

 

一般的に美しいと言われているモデルやグラビアアイドル、女優などは、医学的にも女性ホルモンの基準値が一般の女性よりも大きく上回っている傾向にあります。

 

そのため、産後に一時的に体型が崩れてしまったとしても、短期間で元の体型を取り戻すことができるのです。
元々美しい人というのは、色んな意味で得だと言われているのは今も昔も変わりません。

 

生まれつき女性ホルモンが少ない女性はいません。
生活習慣や食事などの栄養バランスにより、胸は大きくも小さくもなります。

 

たくさん栄養を摂取していても胸は大きくならずにただ太ってしまうだけの女性もいます。
ホルモンバランスが整っていたり、女性ホルモンをバストまで送り届けるための血流が正常でないと、乳腺まで届かずに乳腺を刺激することができずに成長期を終えてしまうわけです。

 

この世には女性ホルモン様作用と呼ばれる女性ホルモンと似た働きをする成分を持つものあります。
このような成分をサプリメントなどで補うことで女性ホルモンを増やせば、卒乳後に疲れ切った乳腺は簡単に復活させることが可能なのです。

 

 

page top