萎んだ胸

萎んだ胸を大きくするために必要なことって?

 

萎んだ胸を大きくしたいなら、女性ホルモンを体に補ってあげることです。
産後・授乳後に萎んだ胸には圧倒的に栄養が不足しています。

 

卵巣で作られた女性ホルモンは血液に乗ってバストまで送られ、乳腺を刺激することで確実に胸を大きくすることができます。

 

成長期や妊娠によって確実に胸が大きくなることは女性であれば誰もが経験でわかっています。
妊娠・産後に胸が小さくなったり大きくなったりするのは、女性ホルモンの増減によって決まるのです。

 

生活習慣の乱れによって成長期に夜更かししたりお菓子ばかり食べていた女性は一生胸は小さいまま終わります。
いくら女性ホルモンが分泌されていても、ホルモンバランスが崩れたり不健康のままでは、女性ホルモンが活性化することができません。

 

萎んだ胸を大きくしたいなら、女性ホルモンを活性化させる成分をバストに送り込んであげればいいのです。

 

産後に萎んだ胸は見た目がシワシワで萎んで小さくなっていて、こんなのが本当に元に戻るの?復活するの?と思われるママさんも多いのですが、逆にいうと妊娠前にここまで胸が萎むことは予想できたでしょうか?

 

怖そうな人でも話してみたらいい人だった、不細工だけど内面を知ったら好きになった、など外見ではわからないようなことはこの世にはたくさんあります。

 

萎んだ胸は大きくすることができる!

 

そう信じてあげられるのは自分だけです。
多くの産後ママが女性ホルモンを増やすことで、萎んだ胸を大きくすることに成功しています。

 

産後に萎んだ胸は放置しておいても一生元に戻ることはありません。
女性ホルモンによって萎んだ胸は、女性ホルモンでしか戻すことはできません。

 

萎んだ胸を大きくしたいなら、産後に不足した女性ホルモンを増やしてあげることが、産後に胸を戻すための一番の近道なのです。

 

 

page top