aカップに萎んだ授乳後の胸に効果的な豊胸マッサージって? 

aカップに萎んだ授乳後の胸に効果的な豊胸マッサージって?

 

aカップに萎んだ授乳後の胸は、張りが失われた状態です。
胸に張りがなくなったということは、胸の中の乳腺細胞の割合が減少し、脂肪細胞の割合が増加したことになります。

 

母乳育児を続けていると、普段とは異なる環境で、知らず知らずのうちにかなりの肉体的精神的ストレスが蓄積されていきます。それによっておっぱいの潤いが失われて、張りも次第に失われていくのです。

 

胸に失われた水分を取り戻すには、女性ホルモンの一つエストロゲンの分泌量を増やすことです。
女性は、エストロゲンで形成されているといっても過言ではありません。肌の張りや髪の潤いなども、エストロゲンの増減で簡単に失われてしまいます。

 

特に産後・授乳後はホルモンバランスが崩れやすくなっていて、エストロゲンの量もかなり減少しています。
乳腺自体が衰退してしぼんで小さくなってしまうと、胸の皮膚が伸びきってしまいます。

 

産後・授乳後にこの皮膚の伸びによって、乳首が陥没してしまったという女性も少なくありません。
デコルテ部分の伸びきってしまった皮膚をつまんで引き上げてあげると乳首は元あった場所に戻りますよね。
aカップに萎んだ授乳後の胸を元に戻すには、この部分に効果的なマッサージを行ってあげる必要があります。

 

aカップにまでバストダウンしてしまった胸は、乳腺自体が退化して小さくなっています。
効果的なマッサージを継続することで、乳腺を復活させて、授乳後の萎んだ胸を元に戻すことができるのです。

 

1、鎖骨の中心に向かって揺らす
  左のおっぱいを右手で持ち上げ、鎖骨の中心に向かって、斜め上に弾ませるように揺らす。
  1秒間に2〜3回のペースで揺らし、20〜30回位繰り返す。右のおっぱいも同様に揺らす。

 

2、上に向かって揺らす
  両手で脇からおっぱいをやや中央に寄せるイメージで持ち上げ、上に向かって揺らす。
  1秒間に2〜3回のペースで揺らし、20〜30回位繰り返す

 

(出典:ふわふわおっぱい体操より)

 

効果的な豊胸マッサージは萎んだ胸に張りを戻すのにとても効果的ですので、毎日継続していくことで確実なバストアップ効果を実感できるでしょう。

 

 

page top