授乳後 Aカップ

授乳後Aカップになった胸を元に戻す方法とは

 

授乳後は女性ホルモンの減少によって、限界まで胸がしぼんで小さくなってしまうママさんも少なくありません。
授乳後Aカップにまでしぼんでしまう人もいますが、正しいバストケアを実践することで元に戻すことは可能です。

 

授乳中は赤ちゃんにおっぱいを吸われ続け、その影響で乳腺がどんどん縮んでいきます。乳腺が縮み、圧縮され、その結果胸が固くなって母乳を絞り出すわけです。

 

産後、母乳を作り出すホルモンであるプロラクチンが分泌されると乳腺が発達していきますが、幸せホルモン・抱擁ホルモン、とも呼ばれるオキシトシンは、このプロラクチンによって作られ、このオキシトシンは溜まっている母乳を外に出す役目があります。

 

オキシトシンは脳下垂体後葉から分泌され、作られた母乳を運ぶ役目を果たします。

 

プロラクチンとオキシトシン、この2つのホルモンによって赤ちゃんに母乳をあげることができるわけですが、授乳中はパンパンに張っていた胸も授乳後は一気にしぼんで小さくなってしまいます。

 

胸が萎む際に皮膚はそのままなので、シワシワな胸になってしまうこともありますが、授乳後Aカップになった胸もサイズが戻れば、また昔のように胸に張りを取り戻すことができます。

 

胸の大きさを戻すには、小さくなった乳腺を復活させてあげる必要があります。
乳腺を復活し、大きく発達させるには、体に不足している女性ホルモンであるエストロゲンを増やしてあげる必要があります。

 

エストロゲンが増えることで、乳腺が刺激されるため、その結果乳腺は大きくなり始めます。
授乳後Aカップにまでしぼんで小さくなった胸でも、乳腺が発達すれば大きくなった乳腺の周りに乳腺脂肪がついてくるため、女性らしいふわふわしたおっぱいを取り戻すことができるのです。

 

授乳後Aカップになった胸を鏡で見ると、元に戻った自分の姿をイメージするのは難しいかもしれません。
ですが授乳後AカップからCカップやDカップにまで戻したママさんが数えきれないほどいるのも事実です。

 

授乳後に胸が垂れたり萎んでしまうのは、自分だけが経験していることではないのです。
ただ、そうなってしまった場合にその後どうするかで今後の人生が大きく変わってきます。
授乳後Aカップになってしまったからといって諦めないことが大切なのです。

 

乳腺を復活させるエストロゲンを効率的に増やすには毎日手軽に摂取できるサプリがおすすめです。
授乳後Aカップになった産後ママの多くがサプリを上手く取り入れて、女性としての魅力を取り戻しています。

 

 

page top