授乳後Cカップの胸は時間が経つと流れる?

授乳後Cカップの胸は時間が経つと流れる?

 

我が子のために完母で育てた授乳後のCカップ以上の胸は時間が経つと流れることが多いようです。

 

生活が豊かな女性でない一般的な主婦がバスト専門のサロンに通うことはちょっと抵抗があるでしょう。
仮にバストサロンでバストケアを施術しても、サロンなどの外からのマッサージによるバストケアの場合は、時間が経つと元に戻ってしまうため、通い続けないといけないというデメリットもあります。

 

授乳後の胸が流れないようにするためには、エストロゲン様作用のある成分を含むプエラリアが配合されたサプリを取り入れることで予防することができます。

 

胸が流れてしまった場合でも、授乳後の胸を元に戻すことは可能です。
授乳後に流れてデコルテが広い胸に脂肪を戻すには、乳腺を刺激してあげることが重要です。

 

皮膚が伸びきっている弾力のない胸でも、乳腺を刺激してあげることで乳腺脂肪を復活させることができます。
ぷにぷに脇のハミ肉や背中のハミ肉を胸に集めるバストアップ方法もありますが、こういった類のバストアップマッサージ方法も時間が経つと元に戻ってしまうことが多いです。

 

妊娠前の胸を取り戻すには、衰退した乳腺を再び復活させてあげることしかありません。
乳腺発達には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が欠かせません。

 

ただ授乳後の成長期を過ぎた女性が、再び自力で女性ホルモンを分泌させることは難しいでしょう。
成長期を過ぎてから乳腺脂肪を復活させるには、エストロゲンと似た働きをする成分が配合されたサプリが有効です。

 

プエラリアにはバストアップ効果のある大豆イソフラボンが、大豆の40倍も含まれているため、かなりの短期間で授乳後に流れた胸を元に戻すことができます。

 

エストロゲンには脂肪を燃焼させる働きがあるため、胸に脂肪をつけながら、それ以外の余分な脂肪を燃焼することができます。

 

授乳後Cカップ以上の胸は、母乳育児によってダメージを受けやすいため、時間が経つと流れる傾向にありますが、多くのママさんに人気のプエラリア配合のサプリを上手に活用することで、授乳後の胸は意外にも簡単に取り戻すことができるのです。

 

 

page top