授乳中 ホルモンバランス 体調不良

授乳中のホルモンバランスの低下は体調不良を招く!?

 

授乳中のママさんは何かと体調不良を訴えることが多いです。
やはり授乳中はそれまで優位に働いていたエストロゲンも減少し、母乳を作り出すために必要なホルモンであるプロラクチンが優位に働いているため、ホルモンバランスという点では、本来あるべき正常な形とはいえません。

 

とはいえ、授乳期間は赤ちゃんの栄養補給のために必要なもので、多くのママさんはここをスルーすることはできません。産後は色んなトラブルが次から次へと出てきて困惑してしまいがちですが、逆にいえば多くのママさんが経験してきていること。人生の先輩に聞けば大抵の疑問は解決されます。

 

産後は体力の低下もあり、体は万全な状態とはいえません。
さらにホルモンバランスも乱れているため、多くの場合産後一年くらいは、風邪を引きやすかったり、体のだるさ、頭痛、むくみに悩まされるママさんも少なくありません。

 

妊娠前までは健康で病気なんてしたことなかったのに、産後はこのような体調不良に悩まされることが多くなったママさんもいることでしょう。
特に、授乳中は自分のことだけでなく、赤ちゃんの育児も加わるため、知らず知らずのうちに心身ともにかなりのエネルギーを使っているのです。体力が低下してくると体調も崩しやすいので、産後は特に気を遣う必要があります。

 

産後は体質が変化することもあり、頭痛や肩凝り、腰痛などに悩まされる人も増えます。
これらはホルモンバランスの乱れによって引き起こされるため、なるべくストレスを溜めずに、栄養バランスのとれた食事やしっかりとした睡眠を確保することで、最低限の健康を維持することができます。

 

ただ、授乳中のホルモンバランスの低下は通常とは異なるため、これだけの対策ではなかなか改善しづらいものです。
体調不良の一番の原因となっている、ホルモンバランスの低下、つまりエストロゲンの減少を食い止めることが根本的な改善に繋がります。

 

プエラリアはエストロゲン様作用があるため、産後・授乳後の体調不良を改善する効果が期待できます。
ただ、授乳中はプエラリアの成分が母乳に溶け込んでしまうため、赤ちゃんの発育に悪影響を与える可能性があります。

 

卒乳後・断乳後にプエラリア配合のサプリメントを上手に取り入れることで、授乳後に長引く体調不良を改善することができます。
ホルモンバランスの低下によって引き起こされる体調不良は大抵の場合、不足しているエストロゲンを補うことで改善することができるのです。

 

 

page top