卒乳してから血のめぐり 体がおかしい

卒乳してから血のめぐりが悪く体がおかしい!?

 

女性にとって冷え性は大敵ですが、卒乳後はホルモンバランスの低下から代謝が正常に行われにくくなり、血の巡りが悪くなります。

 

この血流の低下によって、せっかく摂取した栄養も体の隅々にまで行き渡らなくなるため、内臓機能が正常に働かなくなります。

 

その結果むくみや頭痛が引き起こされることもあり、当然体も冷えやすくなります。
特に女性は下半身からくる冷えが多く、冷え性改善には下半身を中心に温めることが大切になります。

 

また足は第二の心臓とも呼ばれるように、足が冷たい人は不健康であることが多いです。
つまり足元を温めることで、全身に血液が行き渡りやすくなり、血の巡りがよくなる傾向があります。

 

卒乳してから、なんか体がおかしいなぁと感じるママさんは大抵がちのめぐりが悪いことが原因です。
これらの原因の大もとは、ホルモンバランスの乱れからきているため、足元を温めることは当然根本的な解決には結び付きません。

 

血のめぐりを良くするためには、ホルモンバランスを正常に整え、体にある数ある臓器を正常に機能させることが最も大切です。
卒乳後は女性ホルモンであるエストロゲンが極端に減少しているため、このことが原因でホルモンバランスが低下しています。

 

つまり、卒乳後に体がおかしいと感じるママさんは体に不足しているエストロゲン(卵胞ホルモン)を補ってあげる必要があります。

 

血のめぐりや体の不調は放置しておくとなかなか改善されにくいものです。
集中的に短期間で崩れたホルモンバランスを回復させるためにも、毎日の食事の栄養に加えて、体に不足しているエストロゲンを補うためにサプリメントなどを取り入れることが改善に繋がります。

 

多くのママさんがサプリメントによってエストロゲンを増やすことで、短期間で血のめぐりを改善して健康を取り戻しています。

 

 

page top